トップページ > ブログ > 独り言 > 「のため理論」

いつもありがとうございます。
先日の書籍から、箱田忠昭先生を知り、最近インプットしております。
自分のアウトプットで、大変勉強になります。
ひとつご紹介しますね。
成功するには「のため理論」が必要。
愛する家族のため
妻のため
旦那のため
子どものため
彼女のため
彼氏のため
親のため
社長のため
社員のため
スタッフのため
社会のため
ときには、
借金のため
復讐のため
ヒトを見返すため
などの、負のエネルギーもときには成功のための大きな原動力になると。
さて皆さんは、○○のために仕事をしていますか?
若い時は、自分のため・カネのため などがパワーになる方々も多いでしょう。
しかし、いつもでも自分のためだけに仕事をしているのも考えものです。
自分自身を振り返ってみると・・・
20代 自分や家族のため
30代 サラリーマンで管理職に就き、支店に所属するメンバーのため
40代 自分を信頼してくださる顧客のため
トシを重ねるごとに“関わり合うヒトのため”という想いが強くなってきてますね。
そのために、自分の指針で行動できる起業人になったわけです。
20代の頃の自分を考えると、ちょっとハズカシイですね(笑)
最近、20代や30代の方々の人生相談を受けるのも多いです。
とりあえずの仕事で、自分の意とは反する行動を繰り返し、時間を無駄に過ごしている人も多い。
人生は限られた時間しかありません。
その日、その時、その瞬間を大切に生きていきたいですね。
ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン