トップページ > ブログ > 書評 > コンサルタントになっていきなり年収650万を稼ぐ法

いつもありがとうございます。
YMOヨシダです。
大寒後、本当に寒い毎日ですね。
路面凍結しているので、皆さん十分ご注意ください。
ちょっと面白い書籍がありました。
コンサル
自分のことが書いてあるようで、あっという間に読んでしまいましたね。
ネクストサービス株式会社 松尾昭仁様の書籍です。
脱サラや起業しようとしている方々は是非ご一読を。
同年代でもあり、考え方に近いものがありました。
やはり、この年代は同じようなことを経験しているんだなぁ・・・。
そして、自分の歩む道・決断は間違いではなかったと確信させてくました(笑)
表題の年収650万という部分はさておき、
「すべての社会人が、コンサルタントのコンテンツを持っている」というフレーズに共感しました。
現代では仕事の“専門性”が求められます。
その専門性を持ち合わせている人は、事業モデルさえしっかり構築すれば経営者になれるのです!
そして、なんと言っても“ストレスフリー”なわけです。
すべてが自己責任でありますから。
ここに醍醐味と楽しさがあるわけです。
年収は650万程度からスタートでも、伸ばすのも落ちるのも自分次第。
サラリーマン時代は、給料をもらうのがあたりまえでした。
組織に属して看板を利用して、確かに稼ぐことはできました。
でも、人生のターニングポイントを迎えた時、なぜか満ち足りていませんでした。
“自分のチカラで勝負したい!”
この気持ちが強かった。
※ダルビッシュの気持ちが、よーくわかりますね(笑)
仕事の道理を整理して理解すれば、自分流の仕事のスタイルが確立できる。
社会人の基本的原則 ※自論です
「努力」 「勤勉」 「謙虚」 「相手を思いやる気持ち」 「人の役に立つ」 「自己責任」
これを自分なりに考えて、誠実に行動すれば会社が成り立つ。
収入はというと・・・、後からしっかりついてきます。
自己流でも仕事の原理原則を作り、それを信念と共に掲げ貫く。
時には、事故にも遭遇します。
悪いことがあればいいこともある。
それが人生。
ただ、努力して、学んで、人を信じた分だけ、キッチリ返ってきます。
これ事実。
皆さんもキッカケは大事にしてください。

組織分析 中古ビジネスフォン