トップページ > ブログ > 今日のお仕事 > 今年を振り返る

いつもありがとうございます。
YMOヨシダです。
ブログでの情報発信が少なくなりました。
申し訳ありません。
また改めて、様々な情報を発信できればと思っております。
さて、今年もあとわずかとなりました。
年内の業務は28日までとなっております。
2011年は、原点に立ち返り、再スタートの年となったような感じがします。
いろいろなことが本当にありました。
マネジメント業務については、多くの問題解決を実施しました。
事業維持継続問題・雇用問題・就業規則改善・助成金・経費削減や見直し・新会社設立・組織再構築 などの
ご相談が多かったですね。
いわゆる、中小企業経営者様の悩みです。
普段から悩んでいらっしゃた経営者様も、今年は大震災もあり、二重三重の苦悩があったことでしょう。
特に“雇用問題”については、多かったです。=人の問題ですね。
この問題については、企業も人も成長していくので、その時代背景や成長度合いによって、
継続的課題となっていくでしょう。
過去に習うこともありますが、残すべきコトと創造していくコトをしっかりと分類して前へ進む必要があります。
来年も進化を続けながら、問題解決に取り組んでいきたいと思います。
先日、読んだ書物のひとつに書籍の師としている稲盛和夫先生の言葉が響きました。
「昨今の世相の乱れを憂い、教育改革がよく叫ばれている。
 しかし、教育を論ずる前に、
 “労働の価値と意義”を子供や若者たちに教える必要がある。
 多くの日本人が自分に与えられた仕事に打ち込み、
 また、世のため、人のために役立とうとするなら、
 21世紀の日本は素晴らしいものになる。」
最近の大人は、最近の若者について偏見はないだろうか?
過去にとらわれ、決め付けた意見を述べる大人も多い。
いえいえ、
最近の若者は、ハッキリ言って未知なる潜在パワーを持っており、少ない人数でも日本を背負っていける!
この大震災後の彼らの行動は素晴らしいものがありました。
ごく一部かもしれないが、ボランティア活動の現場で知り合った若者たちには感銘しました。
そこで、来年は、若者たちと一緒に事業をひとつ起こしたいと考えております。
今からワクワクです。
来年からは、ブログでの情報発信も定期的に行っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

組織分析 中古ビジネスフォン