トップページ > ブログ > 一言物申す > マネーボール

YMOヨシダです。
激動の1年を締め括る2011年12月。
私自身も再起動です!
毎日書き込むことはできませんが、また皆さん、よろしくお願いします。
過去を振り返り、反省をして、また歩み始める。
人生、これの繰り返しですね。
2011年3月、大震災がありました
2011年6月、絆の深さを知りました
2011年9月、会社の根幹を揺るがすことが起きました
2011年10月、すべてに見直しをかけました
2011年11月、再構築
2011年12月、いろいろな意味で再出発!
“自分の信念を貫く”
そして、当社を信じてくださるお客様のために努力あるのみです。
そんな時に、この映画は衝撃的でした。
【マネーボール】
最高でした!!
いろいろな角度から観ていただくと、引き込まれる映画です。
特に経営者目線で観ると、気付きがあります。
いま話題の、野球界のGMの話でもありますからね。
経営改革・マネジメント論・人事組織再構築・人材育成・事業継承・新旧交代など・・・
企業で抱える問題と照らし合わせて、考えながらじっくり観る映画ですね。
2時間が、アッという間ですが、かなり凝縮されております。
私たちYMOの事業も、このGM業と似ております。
結果がすべてであり、良ければ継続、悪ければクビです。
常に数字と向き合っております。
その数字を良い結果にするために、ヒトと向き合っております。
そのヒトと向き合うときに、当社では統計理論と心理学論を取り入れております。
当社の社員がその分野に長けており、その理論を活用しております。
数字という事実 + 個人の素質・環境・経験・知識を組み合わせるのです。
この仕事は、決して華やかな仕事ではありません。
企業の根と幹を揺るがないモノにする仕事です。
伝統や経験は、もちろん大事なことです。
ただ、その既成概念に捉われていると、平凡な結果となり、横ばい、衰退となります。
人それぞれに、個性があり、能力は千差万別。
企業経営で社員の潜在能力を引き出すのは、経営者や管理職であり、その職場環境です。
まずは、論より証拠。
この映画を観て、ビビッと感じてください。
明日から仕事への取り組み方が変わりますよ!
ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン