トップページ > ブログ > ニュース > SZP 「大島交流支援ツアー」

いつもありがとうございます。
YMO
ヨシダです。
本日の起床4:30。
コバヤシと気仙沼 大島交流支援ツアーに参加しました。
出発前
主催はSZP〔仙台ゾウ・プロジェクト〕。
仙台駅から50人ほど、大型バスで気仙沼港へ。
みなと1
港にはまだ傷あとがありますが、キレイに片付けられておりました。
大島までは、
船
これで行きます。
いざ出発!
船から
今回は、大島の椿山へ清掃活動です。
大島の椿は観光再生の大事な資源。
椿
みんなで草刈りりスタート。
くさむしり
女性にうれしい椿油の搾油ができる場所ですから入念に草刈り。
しかし、今日は暑かった・・・
景色 うみ
椿畑からの景色は最高でしたね。
総勢50人、一気に草むしりをバーッとやってしまうと、あっという間にキレイになります。
気分爽快!
そして、昼食は、
気仙沼ホルモン
目的の二つ目。気仙沼ホルモンです(嬉)
とりあえず、ノンアルコールで乾杯して、
焼き1
モクモクモクモク。
気仙沼ホルモンは、皿に千切りキャベツをのせ、ウスターソースをかけて、ホルモンをのせていただく。
焼き2
たくさん汗をかいて、みんなで乾杯して、食べるホルモンはまた格別ですね。
地元の方々に食べ方を教わり、
地元1
そして、震災当日の生の声をいただいた。
大島は津波で壊滅的被害。
地元2
心打たれる話でした。
離島ですから、ライフラインなし、食べ物なし、物資支給なし。
津波被害もあり、これで10日間過ごしたそうです。
高齢者の方々が多いので、大変だったと思います。
SZPから、歌のプレゼントもありました。
うた1
東京からの支援団体も参加しておりましたので、みんなで大合唱。
EXILEを思わせる、
うた2
踊りも披露。
最高の支援ツアーでした。
5ヶ月以上経過して、一見、元通りのようにみえましたが、
元に戻し、復興という道のりはまだまだといった感じでした。
それでも、感銘したのは、大島の方々みなさん強い想いをお持ちで、立ちあがっていること。
そして今回の出会いについても大変喜んでくれておりました。
ウレシイですね♪
小さなチカラが集まることで、大きな仕事や支援ができる喜びを体感。
絆は行動から生まれますね。
貴重な一日でした。
ありがとうございました。
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン