トップページ > ブログ > 今日のお仕事 > ニーズに応える

いつもありがとうございます。
YMO
ヨシダです。
本日は暑かったですね。
仙台も気温34.4℃・・・。
仙台でこれは暑い。暑すぎる。
室内にいても熱中症にかかるとのことですので皆さんご注意を。
ここ数日間は天気が良い。
事務所から
事務所からの眺めも緑豊かで爽快感があります。
ただ、近くのビルの取り壊しや、西公園前の地下鉄駅出口新設工事などで騒音がヒドイです。
この事務所は静かで、眺めも良く、ビル内の企業同士が仲良しというのがメリット。
ここ最近の騒音はちょっと苦痛ですね。
ちなみに私が入居しているこのビルですが、ここ1ヶ月で入居率90%超えをしました。
仙台市内のビル賃貸業は一気に風向きが変わりました。
空室率の低下はうれしいことですね。
一過性かもしれませんが、仙台市中心部に賑わいが戻りつつあるのはうれしいことです。
あの大震災後、私どもYMOへの要望・要求に変化がありました。
特に仙台市内中心部については、事業再生や県外からの企業拠点として事業所開設が多い。
ただ、事業所内で必要となるOA機器については、なかなか必要製品がそろわなかったのが実情でしょう。
福島・茨城エリアのOA機器の精密機器部分の工場が被災され、長期に渡り製造がストップしておりました。
国内に限らず、海外への輸出部材も含めて、精密機器の部品の多くは北関東・東北エリアで製造されていた
わけです。
まさか!この部品があそこで?という驚きや発見もあったことでしょう。
リスク分散はしていても、これだけの被災ですから大打撃でしたね。
私も関わりの深かったビジネスホン主装置なども、長期間製造がストップしてましたね。
お客様にも多大なご迷惑をお掛けしてしまいました。
震災後というより、以前からですが、企業様のニーズにも変化がありました。
環境問題もクローズアップされてからか、機器関連については新品を導入するというよりも、
中古商品・リサイクル商品の要望が多くなりました。
販売会社などでは、対メーカー様との関わりもあるので新商品販売が当然という時代もありました。
OA機器をリースで導入する企業も多かったので、新製品・より新しい製品を求む時代もありました。
リーマンショック後、不景気という言葉も横行して、機器導入については新製品をリースで導入ということが
あたりまえではなくなりましたね。
いわゆる中古・リサイクル商品のニーズが高まっておりました。
そしてこの震災後、新商品の製造工場がストップした為、更に中古機器のニーズが高まりました。
私どもは、時代の流れ、ニーズへの対応ということで、この機会に古物商許可申請を行っておりました。
古物
ようやく宮城県公安委員会より交付していただきました。
予想通り、6月期はリサイクル商品の需要が高く、迅速な判断の結果、お客様ニーズに素早く対応ができてます。
本来であればもっと前の段階から対応できる体制は必要でした。
今回の震災で、過去の経験から学び、マーケットに的確に対応することがお客様のためになるということを
改めて実感した次第です。
マーケット動向にアンテナを立て、企業企業経営者様たちの現場のリアルな考え・想いをしっかりと聞き入れる。
それに対して我々の現状はどうか、何ができるか、どうすればよいか、迅速・誠実に対応することが
企業様の発展にもつながるわけですね。
売りたいモノを売りたいトコロへ  これはもう通用しません。 
このような考えの企業はシュリンクしていきますね。
東北エリアは普通・通常ではありません。
有事に対して、何をどのように対応することが先決か、優先順位はなにか。
現場に足を運び、見て、聞いて、現状把握すればわかること。
“共に歩む”
無駄な競争は必要ない。
早期復旧→新しい街づくりの復興をみんなで一体となって成し遂げましょう。
ありがとうございました。
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン