トップページ > ブログ > 仙台関連情報 > それぞれのチカラ

いつもありがとうございます。
YMO
吉田です。
仙台市内は格差こそありますが、復興へ、前へと動き出しております。
今日は仙台市内中心地で仕事です。
私たちコンサル集団が復興へ具体的にできることを議論してきました。
YMOとしては、中小企業の運転資金調達・企業存続手段・事務所移転・企業マッチング・雇用支援など
この50日間はあっという間でした。
下を向かず、何も考えず、仕事ができる環境作りをしたことが、一番お役に立てた気がします。
市内アーケード内には、活気が戻りつつあります。
人の波も増え、消費も加速するといいですね。
復興支援としては、様々なチカラを感じます。
何と言っても、仙台プロスポーツは勇気と元気を与えてくれていますね。
プロバスケの89ERSはちょっとお休みしておりますが、選手たちはいろいろな場所で元気に頑張っている。
感動的だったのは、プロ野球の楽天ですね。
“底力”を見せてくれてます。
応援している時は、過去を忘れ、そのひとつひとつのプレーに勇気づけられています。
サッカーベガルタも頑張りましたね。
ベガ
アーケード内にも“ベガッ太くん”が元気に頑張っておりました。
身長200m・体重90kgのベガッ太くん。
これからも子供たちに元気を与えてくださいね。
音楽の力による復興事業も推進されております。
仙台フィルによる復興コンサート つながれ心 つながれ力 「鎮魂、そして希望」inヤマハ
会場:ヤマハミュージック東北 仙台店 にて開催しておりました。
本日は、仙台フィル金管五重奏の演奏。
今後も定期的に開催されるそうです。
現状では、まだ避難所生活の方々も多い。
ようやく仮設住宅に入って、一歩をフミダス方々もいる。
間接被害で、企業存続が危うい企業もある。
様々な状況が入り混じっている仙台市内。
いろいろな人たちの協力を得て、元気に前に進んで行くしかない。
GWが終わったら、本当の意味での復興へのスタートとなるでしょう。
風化させず、しっかり現実を受け止め、そして前へ!
YMOも支援を続けます。
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン