トップページ > ブログ > その他 > さんあい体操

YMO吉田です。
28日目。
春の陽気、初夏のような暖かさでした。
今年は花粉症デビューのような感じがします。
くしゃみ連発。目が痒い。困ったものです。
皆さん、朝起きたらカーテンを開けて、窓を全開にして、朝日を身体いっぱいに浴びていますか?
あたりまえのように聞こえますが、これ大事なことです。
まず起きたら太陽に挨拶「おはよう!」ですね。
被災地では、避難所生活の方・高齢者夫婦が自宅に籠りっきり など厳しい環境で生活をしている方々が
まだまだ多いです。
これから長期戦となる今、メンタルケアやヘルスケアが重要になってきます。
特に、エコノミークラス症候群などにも気をつけなければなりません。
ご存知の通り、新潟中越地震の時に、エコノミークラス症候群などで亡くなられたというニュースもありました。
自分は大丈夫と思っていては危険です。
今回、いつもお世話になっている旅館の若女将であり、運動指導士・看護師である納屋 幸(なやさち)さんに
ご協力をいただいて、予防体操の資料をいただきました。
避難所支援に行かれる方や身近に運動不足の方がいらっしゃるようでしたら是非これを薦めてください。
 ↓  ↓  ↓
【エコノミークラス症候群 予防体操】
ポイントは5つ
①足腰に負担のかからない、座った姿勢の体操
②習慣化しやすいような8つの動き
③音楽を使わないで、自分のペースでやる
④動きの目安は3分程度。いつでも、どこでもできる。
⑤みんなでやる
体操は、簡単な動きでも、ゆっくりじっくり集中してやると効果があります。
余談ですが、ラジオ体操も、集中してしっかりやると、じんわり汗が出てきますよね。
そして習慣化させること。
テレビを見ながら、おしゃべりしながらの、ながら体操でもいいのではないでしょうか。
楽しく気晴らしの気持ちで取り入れてみてください。
どんどん紹介してください。
身体が資本です。
みんなのチカラで立ち上がりましょう!
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン