トップページ > ブログ > 独り言 > 最近の若者たち

YMO吉田です。
19日目です。
活動範囲も通常通りとなり、どんどん支援に伺いたいと思っております。
ちなみに、ガソリンを慌てて補給する必要はないですよ。
予測ですが“もしも・・・”とか“何かあったら困る”という不安感でGSの長蛇の列に入っている方々も
いらっしゃるのではないでしょうか?
徒歩・自転車・公共機関等を上手に組み合わせて移動できる人はルートを確認して、試してみてください。
自動車に頼らなくても、意外に生活できるものです。
たまに自転車に乗るのもいいですね。
気がつかなかった風景や街並み、地形や道路の高低差など、いろいろな発見があります。
ポジティブ発想です。
さて「最近の若者は・・・」と言うと、あまりいい表現で使われていなかったかもしれませんが、
今回の「最近の若者は」は違います。
最近の若者はスゴイ!
この震災で、またひとつ気付かされました。
この先、未来は明るい!と。
何がスゴイかと言うと、私の周囲だけではないと思いますが、
中高大学生・20代の青年たちが率先してボランティアに登録して活動しております。
何かできること・自分にできることをしっかり考えて、行動に移している若者が多い。
中年のオヤジたちも感化されましたね。
ある高校のサッカー部のメンバーは、早い時期からグループで参加して活動しておりました。
本日、甲子園で勇姿を見せてくれた東北高校野球部もギリギリまで現地でボランティア活動を
しておりましたね。また、試合後のキャプテンのコメントもいい。感動!
親の教育・生活環境・友人の影響 など、理由は様々だと思いますが、素直な純粋な気持ちで動いている彼らに
心打たれました。
ある知人女性は「今日はおにぎり230個にぎったですよ。おにぎりのプロになれます(笑)」と、
真っ赤な手のひらを見せながら、笑顔で報告してくれました。
またこの笑顔が最高に素晴らしい笑顔でしたね。
この場所には、ココロ温まる一体感が生まれています。
何かしたい・何かやらねば と、いう気持ちはみんな一緒です。
その行動が復興への第一歩である。
即行動したい人は
↓  ↓  ↓
【宮城県災害ボランティアセンター】  
そして、特に最近の若者の特徴は“素直な心を持っている”ということ。
優しい気持ち・人を思いやる気持ちをしっかりと持っているメンバーが多い。
期待できるね、若者たちよ。
共にがんばろう!
ありがとうございます。
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン