トップページ > ブログ > 仙台関連情報 > 青春の1ページ

いつもありがとうございます。
YMO
吉田です。
今日は待望の雑誌が発売となりました。
前回ブログ(12月13日分)でも紹介しました、元気高齢者の紹介です。
りらく
本日発売の「りらく」新年号です。
表題【仲間の輪】太子堂男演劇プロジェクト(TOP)
仲間
平均年齢65歳の元気高齢者たち。
なんと今回は見開き2ページでドーンと紹介されております。
見開き
私も立ち上げから携わっておりますが、益々元気な皆さんです。
挨拶もそれほどしていなかった地域の住民たちが、一人のリーダーシップでまとまりました。
全体
このプロジェクトの意義を皆さんも考えてみてください。
ただ老いていく時間を平々凡々と過ごすか、地域住民で本音で語り合い楽しめる集団を作り、
人と人の交流を楽しむことができる、そんな生き甲斐をみつけることで人生180度転換しますよね。
結果として、介護を必要としない元気高齢者に自らがそれに成る素晴らしさ!
これからの高齢者社会のあるべき姿ですよね。
65歳を超えてから、恥をかきながら、一生懸命に打ち込む姿。これが素晴らしいです。感動しますよ。
オトコってなかなかこれができないですから。プライドが邪魔するのでしょう。
これぞ、青春の1ページですね。
私は尊敬します。
これからも頑張っていただきたい。応援します。
よろしければ、りらくを購読してみてくださいね。
ついでに余談ですが、青春の1ページをもうひとつ。
なんと、仙台に東池袋“大勝軒”が上陸です!
正面
東京の豊島区で50年以上やっていたラーメン屋が仙台にできました。
懐かしい!!
看板
これぞ青春の一杯です。
実は、私が社会人になって前職の営業会社に就職して、最初の配属が池袋営業所でした。
20年前の話ですけど。
この大勝軒のある東池袋は、最初に任された営業テリトリーです。
サンシャイン60ビルの近くにあり、いつも並んで食べてました。
忘れられない味のひとつですね。
飛び込み営業で、一日100件訪問して名刺をもらうことから始めておりましたので、
毎日毎日100件以上はドアをたたいておりました。
当時は、同期入社が100名おりました。
その内、5名が池袋営業所に配属となって、苦楽を共にしましたね。
嬉しいとき、苦しいとき、辛いとき、いつも一緒でした。
そのときのいろいろな想いを蘇らせる一杯でした。
つけ麺2
久しぶりに、昔を思い出しました(涙)
独特のスープにこの麺!
麺
結構、フリークは多いと思いますよ。
行列していても食べる価値あり!かもしれませんよ。
つい懐かしくなり、フラッと立ち寄った青春の一杯でした。
4号線バイパス沿いです。
ありがとうございました。
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン