トップページ > ブログ > 一言物申す > 命の尊さ~じっくり考えましょう~

いつもありがとうございます。
よしだです。
今週は過密スケジュールでした・・・。
次から次へと予定が入ってきて、皆さんからの相談ごとや打ち合わせなどで過密でした。
私を必要としてくださっての相談ですから、どれも真剣勝負です。
しかし、購入したばかりの常備薬“バファリン”がなくなりました。気をつけないといけませんね。
今日は、打ち合わせ3時間×2件だったので、少々時間にゆとりもありました。
午前中は、私のビジネスパートナーの紹介で不動産業の経営者様との面談でした。
業界30年のベテラン社長で、現場第一主義といった感じでした。
自らが営業第一線で活躍されており、その精神・姿勢に共感を得ました。
その姿をみて、社員も成長している企業という感じで、大変勉強になりました。
今後、お付き合いを是非お願いしたい経営者のお一人ですね。
午後は、副理事をしているNPO法人の今後の事業展開についての打ち合わせでした。
10月1日からの新しい事業のスタートに向けて、かなり突っ込んだ話をして参りました。
この事業を通じて、地域や社会に貢献できるようにしっかりと組み立てていきたいと思います。
乞うご期待!
今日は、仕事を詰め込めない理由がありました。
富谷町役場でチャリティーイベントがありましたのでそれに参加してきました。
そのイベントとは、
リレーフォーライフジャパンみやぎ です。
リレーフォーライフ
これは、がん患者を支援する24時間世界最大のチャリティーイベントです。
昨年、このイベントの司会をされた方のブログで知りました。
アメリカがん協会が主催しているイベントであり、毎年全米5000ヶ所で行われているそうです。
日本では2006年から開催されており、毎年各地で開催されているようです。
24時間イベントは、患者・家族・一般参加者がチームを組んで24時間眠らないがんと闘い、
命のリレーをつなぎます。そのリレーでそれぞれが考え、想い、命の尊さを再認識します。
歩き風景
保育園児からも熱い想いが届いておりました。
保育園
サバイバー(がん患者)・ケアバギー(家族・遺族・支援者)への“勇気と希望を”与え、そして与えられ、
時間を共有する24時間です。
願い
私自身、身近なヒトをがんで亡くしております。
こればかりは、運命でもあり、どうしようもできないところもあります。
早期発見や医療の進歩で莫大な費用をかけて治療して治る方もいらっしゃいます。
健常者には、なかなか向き合うことの無い話ですよね。
私は高校の同級生で、目指せ国立!という気持ちで毎日一緒にサッカーをしていた友人に逝かれました。
そいつは同級生でありながら、みんなをまとめる中心的な人物でした。
私が何度も折れそうになったときに助けてもらってました。
大好きなヤツでした・・・。
葬儀に行って安らかに眠っている顔を見た時、唇をみてわかりました。
壮絶な戦いをしたんだな・・・という痕が残っておりました。涙が止まらなかった・・・。
もう一人、身近な人物だったヒトも、がんでお亡くなりになり、悲しい思いをしました。
私はこの二人のことを想いながら参加しました。
皆さんは、検診を受けていらっしゃいますか?
看板
自分は大丈夫だと思わないでください。
なにより早期発見が一番です。
がんにならない努力も当然大事ですが、検診を定期的に受けることも身近で大事なことです。
悲しい思いをしたくないですし、させないようにすることが大切です。
ヒトを思いやる心、大事ですよね。
そして自分を思いやることも大事です。
一人で生きているわけではないですから。
今日、もうひとつ考えたことがあります。
「趣味=仕事」これもどうかな?と考えました。
これについては、またの機会に触れたいと思います。
ありがとうございました。
ヨシダマネジメントオフィス
吉田誠一

組織分析 中古ビジネスフォン