トップページ > ブログ > 今日のお仕事 > 企業主導型保育事業

仙台市内の待機児童は減少傾向にありますが、

まだまだゼロにはなっておりません。

当社では今期も引き続き、保育事業所開設のお手伝いを行っております。

現在、支援させてもらっている事業をご紹介します。

「企業主導型保育」

事業の目的(内閣府HPより)

◇働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できる

◇複数の企業が共同で設置できる

◇他企業との共同利用や地域住民の子供の受け入れができる

◇運営費・整備費について認可施設並みの助成が受けられる

この事業を活用することで、

企業側は人材確保・女性活躍の場作りができる。

また運営側は大きな社会貢献となる。

双方に大きなメリットがありますね。

具体的に企業主導型保育事業の設置イメージは3つです。

①単独設置型・共同設置型(自ら運営または委託も可能)

②共同利用型(複数企業との利用契約も可能)

③保育事業者設置型(保育事業者と利用契約 3社以上との契約も可能)

当社は、企業と保育事業者とのマッチングも含めてこの事業を

推進させてもらっております。

働く女性の不安を解消しながら、持っている能力を最大限に

職場で発揮していただくことができる。

これによって中小企業も“人財”を確保することができる。

経済の好循環・地域経済の活性につながってほしい。

どんどん活用してもらいたい事業です。

よろしくお願いします。

組織分析 中古ビジネスフォン