トップページ > ブログ > 独り言 > 地域のチカラで立ち上がる

九州 熊本・大分で大きな地震が続いております。

お見舞い申し上げます。

まだまだ余震も続いており、落ち着かない状況だと思います。

仙台で東日本大震災を経験した一人として考えると“今”という

この時間が大変だと思います。

発生後一週間の緊急時ですから、

国や行政が主導して現状把握→迅速対応の時。

現場では指揮官が重要になる。

東日本大震災の教訓がひとつでも活かされることを願う。

時間との勝負でもあるでしょうから、

垣根を越えてチカラを合わせて取り組むことが重要でしょう。

それと、このような有事の時には“善と悪”が入り乱れます。

余裕はないかもしれませんが、

十分に考えて行動・決断する必要があります。

だからこそ、顔見知りである地域の人たちでまずは協力する。

気持ちを強くもって頑張ってほしい。

外部の我々は、カタチはまだわかりませんが、

どんなことであれ協力します。

私の仲間たちの中小企業経営者で、

何かできることはないかと日々考えております。

時が来れば動きたい・・・。

組織分析 中古ビジネスフォン