トップページ > ブログ > 独り言 > 京都から大地の恵みが届く

夏の贈りもの

DSC_1177

京都から新鮮採りたて野菜の箱詰めがセットが届きました。

これは、

京都市右京区在住 職業 専業農家 私の友人からの贈りもの。

嬉しいですね。

彼は大学卒業後、上場企業の会社員となって営業畑にいた。

人当たりがよく、実績もしっかりと残していた素晴らしい人物。

そんな彼が、

なんと、

専業農家となって本物の畑と向き合っている。

先日はNHKの特集にも出演されていた。

地域・将来・家族・自分・後継・貢献など、

いろいろなことを考えて会社員から転身されたと思う。

そんな彼と私の出会いは17年前。

前職時代の先輩と後輩という仲。

私が神戸で生活している時に、何かと助けていただいた。

慣れない関西生活で、彼はとても頼りになり、大きい存在でした。

現在、

1000kmほど離れているので、なかなか会うことはできないが、

節目節目での挨拶でつながっている。

そして、いざと言うときに支えになる旧友。

大事ですよね。

人と人のつながりに距離や時間は関係ない。

お互いの想いに“感謝”と“敬意”があれば一生続く関係となる。

プライベートでも仕事でも根底は一緒です。

お盆の時期、

様々な人間学を復習した日々でした。

先輩や後輩に感謝ですね。

ありがとうございます。

組織分析 中古ビジネスフォン