トップページ > ブログ > 一言物申す > 感情のコントロール

 

以前、アンガーマネジメントについて書き込みをしたことがあります。

アンガーマネジメントとは、

アンガー(イライラ・怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)するための心理教育のこと。

※一般社団法人 日本アンガーマネジメン協会より

私はアンガーマネジメントと出会って独自に学び、

怒りをコントロールできるようにしました。

関係する書籍を読み、毎日の人付き合いでの独学です。

これによって“人に対しての怒り”というのはほとんど無くなりました。

観察力や洞察力のレベルも向上しました。

たまに、気を抜くと相手を怒らせる発言となってしまう?ことはありますが、

自分が怒るということはまずありません。

まだまだ日々学習ですが、怒りの感情コントロールは生活の上では重要ですね。

イライラが態度に出る人

カッとなって怒鳴る人

イラッとして乱暴な対応になる人

感情のまま表現してしまう人はコントロール方法を知らないので仕方ありません。

しかし、これは想定や訓練でコントロールが可能になるわけです。

また、自分がイラッとする場合、自分自身にも原因があると考えたほうが良いと思います。

100%の人間はいません。

自分自身を見直すいいきっかけにもなりますので、是非一度、関心を持ってコントロールしてみてください。

 

ところで、感情のコントロールといえばスポーツの世界でも重要ですね。

IMG_0941

お客様に誘われてプロ野球観戦【楽天VS巨人】戦に行ってきました。

スポーツ観戦で大きな声で応援すると気持ちがいいですね。

ストレス発散になりました。

が、ただストレス発散のための観戦ではありません。

様々な人の感情を考えながらちょっと観戦も楽しみました。

ピッチャーの心理

バッターの心理

監督・コーチなどの管理職心理

球団経営の心理

球団スタッフ心理

ファン心理

売店側の心理

などなど。

いろいろな人の立場・状況・状態を見ながら、感情を勝手に分析してました。

意外と面白いですよ。

私に読唇術があればもっと楽しく観戦できましたね。

皆さんも感情のコントロールをやってみてはいかがでしょうか?

ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン