トップページ > ブログ > 一言物申す > 福岡16区

私には、一度は行ってみたいお店がありました。

福岡1

ちょっと足を延ばして福岡へ。

2年前にも出張できましたが、やはりこの街はすごい。

いつも仙台でビジネスをしておりますが、福岡はまた違った空気感があります。

出張族が住みたい場所として君臨しておりますが納得の街ですね。

最近、

洋菓子店との付き合いが多い私ですが、パティシエたちから出る名前が気になっていた。

16区 オーナーシェフ

三嶋隆夫 様です。

昭和19年生まれ

帝国ホテル → フランス渡欧 → 福岡16区 という経歴。

やはり一度はこの目で・・・ということで、

福岡2

福岡市中央区薬院にあります16区へ来ちゃいました。

堂々とした風格さえ感じられる。

こちらのオーナーのポリシーは、

「自分の作ったものは自分の目の届く範囲で売る」

「鮮度を一番大切にする」

だそうです。

このポリシーはあたりまえのようだが、経営者として真髄でありすばらしいと思います。

洋菓子も、なんといっても鮮度が命だと私も携わって感じております。

この歳になって、何千、何万の洋菓子を食して、

ようやくその意味が少しわかるようになった。気がします。

現場に行ってわかる事実があります。

こちらのお店に行く機会がある方は、是非2階の喫茶室も楽しんでみてください。

仙台にいる私が薦めるのも変ですが、そこに接客の答えがあります。

学びました。

帰りに定番のダックワーズを購入。

これまた楽しみです。

答えは現場にある。

2000km経て、来て、見て、触れて、聴いて、話して、感じることができました。

ありがとうございます。

 

 

組織分析 中古ビジネスフォン