トップページ > ブログ > ビジネス > 新規顧客獲得のため

先日、クライアント先の飲食店で試食会を企画しました。

目的は新規顧客獲得のためです。

営業年数は20年。

観光立地の店舗で、

地元の顧客がやや少ないのが現状でした。

新規顧客獲得のために、どのような方法をとるか・・・考えました。

今回、私が取り入れた手法は「ひとりひとりを丁寧に、そして倍々とする」です。

まず、地域を絞り込み、そのエリアから共通の項目で一致する方々を選びます。

健康を気遣い、運動教室に通う中高年奥様との試食会としました。

運動指導の先生を含めて、試食会に興味のある方をご招待。

7名の方にお越しいただきました。

その試食会では、主力商品などが含まれている一番高いセットメニューを食べていただいた。

アンケートに協力していただくのでお食事代はサービスです。

この試食会では、お料理を楽しんでいただくだけではなく、

店主や女将さんの人柄を感じていただくということもテーマにありました。

同年代であり、健康や食事を気遣うメンバーですから当然話は弾みます。

試食会とは言え、目の届く範囲で最高のおもてなしをすることでお客様満足を得る。

7人が次回1人のお友達と来店していただくようにすれば、

7人 → 14人 → 28人 → 56人 ・・・となる。

お店側もお客様も、しっかりと記憶に残して次回への余韻を作る。

TVドラマを見続けるのと同じです。

来店したら時間を忘れてゆっくりと、料理と会話で楽しんでいただく。

そして、次回つづく。です。

この方法は、折り込みチラシで雲を掴むような方法とは違います。

確率論ではありません。

自分たちの目の届く範囲で、できることを精一杯行うわけです。

100人に伝えて2人に良いと思ってもらうのではなく、

ひとりひとりがお客様であり、大事な顧客となるわけです。

大手飲食店チェーンとは違いますので、ひとりがすべてです。

これも見える化。

経費も大きくかける必要なし。

無理なく、無駄なく、自分ができる精一杯の努力でお客様を大事にする。

これが顧客化です。

長いお付き合いが始まり、途切れないようにするのもまた努力。

継続は成功なり。

これからもよろしくお願いします。

組織分析 中古ビジネスフォン