トップページ > ブログ > 今日のお仕事 > quality of life

本日は、クライアント先でミーティング。

経営陣と人事評価制度と考課表についてでした。

地方の中小企業の現状は、

優秀な人材確保がなかなかできないのと同時に人材流出がある。

今の時代、潤っている大手企業と対等に採用活動はできない。

中小企業は常に厳しい現実に直面しております。

私はクライアント先の経営陣に提議しました。

QOL = quality of life → 「人生の質」 「生活の質」 を

高めることができる会社であること!

物理的・金銭的な面を豊かにするのではなく、

企業成長と個の自己成長をイコール実現できる企業であること。

このQOLについては、

狭義には医療・福祉分野でよく使われている。

広く具体的に考えれば、

心身の健康

家族を大事にする

良好な人間関係

満たされた環境での生活

充分な教育

趣味の充実

やりがいのある仕事

など。

角度を変えれば様々な面があります。

ここで経営陣が考えるQOLのひとつで

社員がやりがいのある仕事として実感しているかどうかを

深く掘り下げてみました。

実際、経営陣と現場との乖離は結構あるようでしたね。

今回私たちは、

この会社で従業員たちの自己実現と一致する“やりがい”を作ります。

ここでしかできないQOLを豊かにすることを実現させます。

お任せください。

ありがとうございました。

 

 

 

 

組織分析 中古ビジネスフォン