トップページ > ブログ > 一言物申す > 期日前投票へ

2014年12月14日 衆議院議員総選挙があります。

日曜日は仕事のため、昨日期日前投票を済ませました。

区役所へ行きましたが、

これがまた結構な人が期日前投票を行っておりましたね。

毎回私は期日前ですが、今回が一番多かったような気がします。

しかし、今回の選挙で気になる部分としては、

やはり投票率ですね。

総務省のデータを確認してみました。

昭和42年 第31回衆院選投票率はとういうと、

20代 66.69%

30代 77.88%

40代 82.07%

50代 82.68%

60代 77.08%

70代 56.83%

全体 73.99%

でした。

それが、平成24年 第46回 衆院選投票率は、

20代 37.89%

30代 50.10%

40代 59.38%

50代 68.02%

60代 74.93%

70代 63.30%

全体 59.32%

です。

これが時代の流れなのでしょうか。

この投票率で私たちの代表が選出されるというのはいかがなものか・・・。

これでは一部の人の声であって、国民という総称にはならないわけです。

いろいろなカタチで投票へ行こう!と表現されているが、

なかなか動きがなく低投票率がささやかれているのが現状。

東北の地方で経営者をやっていると痛感することがある。

地方経済冷え込み

中小企業経営の苦しみ

復興再生の鈍化

政治のチカラは大きい。

そしてとても大事な役割。

選挙は行こうと思って投票所に行けば5分程度で完了します。

行こうと思う気持ちは興味関心もあるが、

しっかりと国ののこと・生活のこと・未来のこと を、考えることです。

ぜーんぜん難しくありません。

しっかり考える。

ありがとうございました。

 

組織分析 中古ビジネスフォン