トップページ > ブログ > ビジネス > アナログコミュニケーション

デジタルと健全なアナログコミュニケーションの両立

日曜日の朝、私は必ずTV視聴する。

6:15 NHK うまいッ!

7:00 フジ ボクらの時代

7:30 TBS がっちりマンデー!!

8:00 フジ 新報道2001

8:25 NHK サキどり!

こんな感じで、約3時間はゆっくりと情報収集します。

結構、タメになるコースです。

先週、サキどりという番組の内容はとても興味深いものでした。

経営者や中高年の方々には、これからのヒントとなる情報満載でした。

私も言葉では良く使っておりますが、

今の時代はデジタルとアナログをいかに融合させるかがテーマ。と。

今回の番組では、まさにそれを実践して結果を出している企業の紹介も

ありました。

皆さん、コミュニケーションをデジタルツールに頼りすぎているケースが

大いにあると思います。

便利で効率的なデジタル化。

しかし、依存度が高いと大失敗につながることもあります。

簡単に言えば、希薄な人間関係となってしまうわけです。

当然ですよね。

番組内での教授の一言が印象的でした。

「必要なのは健全なアナログコミュニケーション」

うん。確かに。。。

ITは強制的に制限しながら、アナログを復活させることが、

業績向上にもつながるようですね。

ただ、昔みたいなノミニケーションは、ほどほどに。

生まれた時からスマートフォンがある子供たちにも、

健全なアナログコミュニケーションがとっても大切です。

ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン