トップページ > ブログ > 一言物申す > 消費税

いつもありがとうございます。

消費税増税間近。

連日のニュースで、駆け込み消費のことが流れております。

年間ベースでみれば、4月以降の落ち込みがあるので、

販売側は必死です。

わからなくもないですが、無理に消費・物品購入する必要な

ないかもしれませんね。

100,000円消費 税率5%=消費税5,000円

100,000円消費 税率8%=消費税8,000円

駆け込む必要があるもの、ないもの・・・。

じっくり考えて行動しましょう。

歴史を振り返り、

世の中の流れ、大局、世相で読み取れる。

消費税増税は、

自然の摂理とも言えるのではないか。

政府が「社会保障の財源を消費税で」と考えた以上、

シナリオはなんとなくみえてくる。

1989年4月1日  消費税3%導入

1997年4月1日  消費税3%→5%へ

2014年4月1日  消費税5%→8%へ

2015年10月1日 消費税8%→10%へ?

2030年4月1日  消費税10%→15%へ?

と、勝手に予測してみました。

消費税の段階増税は、

私たちが選んだ議員が決めるわけだから仕方ないと思うしかない。

子供の割合が、

1950年から10年単位で計測してみると減少の一途である。

総人口が確実に減少し、1億人を下回る時代が来る。

国の根幹から変えていかないと、純国民は減少していくだろう。

ということで、

企業も個人も今をどうこうすることではなく、

過去から学び現在そして未来への、考えを改めなければいけない。

社会保障問題

エネルギー問題(福島の問題も含む)

せめてこの2大問題について早急に、

国民参加の政治議論がいよいよ必要ではないだろうか。

などと、

考えさせらる一日でした。

ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン