トップページ > ブログ > 書評 > 男の作法

いつもありがとうございます。
先日、移動時間を利用して読んだ本です。
池波
「新編 男の作法」 著者:池波正太郎
興味
感心
共感
読み終えて、気の持ち方が少々変わりました。
目次
1.食べる〔店構えの見方から鮨・そばの食べ方まで〕
2.住む〔家の建て方から男をみがく暮らし方まで〕
3.装う〔靴・ネクタイの選び方から男の顔の作り方まで〕
4.つき合う〔約束の仕方から男を上げる女とのつき合い方まで〕
5.生きる〔仕事の仕方から理想の死に方まで〕
この歳になって、ようやく理解できる内容もありました。
いつごろからだろう、
40歳過ぎたころから鮨・そばを嗜むようになり、こだわりがでてきたような気がします。
オジサンたち必見ですね。
是非、読んでみてはいかがでしょうか。
ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン