トップページ > ブログ > 今日のお仕事 > 安納すいーと

いつもありがとうございます。
いよいよ、年末にデビューしました!
試作を、繰り返し、繰り返し、最高の美味さを提供できるようになりました。
名前は、
いも1
「安納すいーと」!
驚きの味です。
この安納すいーとの優れているところは、
そのまま、焼き芋で食べても十分に美味しい安納芋をさらに美味しくしている。
その秘密は、
オーブンでじっくり2時間焼き上げて、スイートポテトにしているところ。
熟している芋を、じっくりじっくりオーブンで焼き上げると、
信じられないぐらいの甘さが出ます。
ハチミツでもかけたの?
と思うぐらい。
そして、種子島産の芋にベストマッチするのが、阿蘇産の純度の高い生クリーム。
このブレンドが奇跡を生み出している。
濃厚な味でいて、さっぱりしている。
この生クリームの舌ざわりがたまらない感じ。
断面の二層がいいね!
そしてそして、なんと言っても、皮ごとまるっと食べていただけるので、
皮と芋の間の美味いところを存分に味わえる。
食物繊維もバッチリ。
これなら女性は放っておけないでしょう、価値ありですから。
今回、プレ販売を、
いも
一番町の仙台マルシェで27日から行いました。
 (このような場所でマーケティングを兼ねて販売するのが一番効率的です)
街中のOLさんや奥様、高齢者の方々から大変お褒めの言葉をいただきました。
27日 即完売
28日 即完売
29日 増産して提供したが完売
すでにリピーターが!
嬉しい悲鳴ですね~。
普段、スィーツを食べない男性でも、2個はいけます(笑)
しかし、ここに至るまでは大変な苦労がありました。
小さな商品でも生まれるまでは大変です。
生産している種子島の農園
仕入れ
今回協力してくれたパテェシエ(素材の美味さを十分に引き出していただきました)
物流
販売
ようやくお客様のもとへ。
生産者の想いを、職人によってカタチにして、店舗が一生懸命売る。
購入したお客様が喜ぶ。
「全員が笑顔になれる」
理想を現実化しました。
この“全員笑顔”が、
私の仕事の醍醐味でもある。
理想論ではない。
六次化の原点である。
楽しいですね♪
今後、お客様の声を反映させて、更に美味しいモノを作り出しましょう。
第二弾をお楽しみに。
ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン