トップページ > ブログ > 一言物申す > 人生の基礎

いつもありがとうございます。
風が強い一日でした。
北海道 札幌では、雪が積ったそうです。
冬支度が必要ですね。
先日、空き時間があったので車中で読書をしました。
「自身が持てない人」の心理学  著者:加藤 諦三
心理学コーナーにありました。
この加藤教授の著書は、人の心や真相をズバッと突いており、とても共感できる。
実に、表現も含めて面白い。
最近の子の親たちが読むといいかもしれませんね。
人間関係に悩んでいて、自責に悩む方も“◎”です。
著書の中で、
人生の基礎は「自分に正直になること」と示されております。
生きていると、
正直なことは愉快であり、
不正直なことは不愉快である。
自分自身に置き換えてみると、
独立して、自分に正直に生きるようにしてから人生観が変わった。
ストレスも溜めることなく、病気にもならないようになった。
もしかしたら、過去の自分は無理をしていて、常にそれ以上に見せようとしていたかもしれません。
経験は培った。
ただ、自分の人生として考えると、虚無感があった。
そして独立という選択をした。
視野を広く持ち、世界の広さを知ることができた。
規則に縛られず、自分でルールを制定して、自らの方法で社会に貢献する術を作りだした。
我ながら、再スタートとしては上々と感じております。
身の丈以上の自分を見せても、社会で一時的には通用しても、自分はごまかせないでしょう。
自分に正直にそして、自分を信じる。
そういう自分を信じてくださる人が集まることでビジネスは成り立って行く。
この経験は大きい。
出来上がった組織に属して、パーツで動くよりも、ゼロからイチへ。
ひとつひとつ積み上げて造り上げていく。
不毛地帯に飛び込み、自ら農耕を行い、狩猟を行い、社会を築きあげる。
安全や保全よりも、危険だが知恵を絞り、今までにない世界を作る。
たった一回の人生ですから。
なんてね(笑)
さて、11月後半戦、そして年末。
頑張りましょう。
ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン