トップページ > ブログ > 今日のお仕事 > 2015年までを考える

いつもありがとうございます。
連日の会議続きで、脳も汗をかいております(汗)
私が事業支援を行なっている企業様の中期計画を立案しておりました。
自社のことも考えなければいけないのですが、まずはお客様の計画が先です。
まだまだ眠れない日々が続きます。
さて、2015年問題は以前から囁かれておりますが、
先日の消費増税法が成立したこともあり、ますます厳しい時代に突入したことをヒシヒシと感じております。
2015年を考えてみた・・・
・団塊世代の年金全額受給
・年金崩壊?
・介護の在り方
・サラリーマン減による納税者減少
・未来の国を支える子供たち不足の少子化
・新時代の子育て方法
・消費税が2014年4月に8% 2015年10月に10% ※景気条項あり
・正社員・正規雇用労働者の減少
・終身雇用の終焉
・グローバル化により企業の海外進出増加
・小売店・専門店の存続危機
・不安材料に縛られ消費縮小
・TPP問題による日本の食と暮らし
・エネルギー問題        などなど
現実に目を向けて、本気で将来を考えなければいけない大事な時期が今だと思います。
不景気だからか、結婚相手は3平がいいと言う。
本当にそれで大丈夫なのかな?
と言っても、仕方ない状況もあります。
この被災地3県はまた別の問題も山積しておりますから。
さてさて、この状況でどのようにしてビジネスを展開するか・・・。
まだまだ考えなければいけません。
脳に栄養を与えて、引き続き会議を続けます。
ありがとうございました。

組織分析 中古ビジネスフォン